綿実油にこだわり続けた
岡村製油の新ブランド「Since1892」

  • 綿実油にこだわり続けた岡村製油の新ブランド「Since1892」明治25年、綿の栽培が盛んであった大阪の柏原村で岡村製油は綿実の搾油メーカーとして誕生しました。

    綿実の油「綿実油(めんじつゆ)」を絞り続けて創業130周年を迎えた今、改めて原点の「綿実油」へのこだわりに目を向け、祝賀会記念品として「Since1892」は生まれました。
    昔、油は瓶で量り売りをされていたという出発点を想い、瓶に油を詰めました。

商品ラベルは綿(コットン)と相性の良いデニムのイメージからインディゴ色をメインに、綿と油のシンボルを据えています。

瓶2本がすっきり収まるパッケージには綿実の物語をイメージした本型の形を採用し、綿の実から油が出来てゆくイメージを枠に、メインシンボルには綿のブーケをあしらいました。

岡村製油が搾油をこだわり続けている綿実油、その中でも特別な思いを込めた「Since1892」お時間の許す限りご覧いただけると幸いです。

引き続き、商品を詳しく紹介致します。

一番搾り綿実油だからこその
上質な味わい

  • 綿実サラダ油は、ビタミンEが豊富で抗酸化作用があるので身体の老化を防ぐ効果があります。

    綿実油は他にも、「素材の味を引き立たせる」「油酔いがしにくい」「胃もたれしにくい」「油臭くない」「クセがない」といった特長があります。 今回ご紹介するお召し上がり方は、その特長を存分に味わって頂けるレシピとなっています。

    ミネストローネに直接綿実油をかけて食べて頂くと、口当たりがまろやかになり後味がさっぱりしたミネストローネになります。

チキンソテーを綿実油で作って頂くと香ばしくジューシーに仕上がります。また 綿実油は熱安定性に優れており油臭さが少なく、素材の味や香りをより一層引き出してくれます。

タコのマリネは綿実油が風味を損なわず食材を包み込んで料理の一体感を高めてくれます。

特に今回お試し頂きたいのがオリーブ油の様にパンにつけて食べて頂くことです。
綿実油は、小粉との相性がとても良いので、パンをつけて頂くと小麦の香りとパンの甘みを引き立たせます。まるでバターを塗ったようにやわらかく、まろやかに召し上がれます。

詳細はレシピをご覧下さい。

Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入
Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入 Since1892 275g×2本入

Since1892 275g×2本入

Since1892は岡村製油創業130年を記念して作成されたプレミアム綿実油です。
原料部が現地視察を重ね、様々な国から輸入をしている綿の実。その中でも特に貴重なギリシャから取り寄せた綿の実を130年前から継承される圧搾製法の一番搾りのみを詰めました。てんぷらやフライのような加熱利用のみならず、パンにつけて食べるなどの生食としてもお楽しみいただけます。

※1商品ごとに送料1,100円(税込)が掛かります。
(北海道、沖縄、離島は追加送料1,100円(税込)が掛かります。)

※お料理写真はイメージです

Since1892 275g×2本入

数量:

価格: 円(税込)

送料:送料別

ショップポイント:48 ポイント